園の概要・園長の想い

霧ヶ丘幼稚園とは

image ※写真をクリックすると拡大します

〜沿革〜

昭和39年4月13日「個人立」として認可を受ける。建坪64坪、定員40名、田園の中の幼稚園として出発。その後、都市ドーナツ化現象で人口が増え順調に発展。

昭和59年「個人立」より「学校法人」に経営主体変更。

平成25年6月新園舎完成。

園長の想い・教育方針

〜 園長の想い 〜

image

霧ヶ丘幼稚園園長 淵 和子

子どもが人生で初めて出会う学校が幼稚園です。

人間としての基礎基盤を培う幼児期にたくさんの友達とふれあい、響きあい育ち合う場所である幼稚園は、子どもが育ちにくい時代だからこそ大切な意味を持ちます。

時代が変化しても教育の本質は変わりません。一人ひとりの子どもが人生の知恵という知的な学びをとげ、生きる力を獲得する場所が、霧ヶ丘幼稚園です。

〜 教育方針 〜

子どもが一人ひとりもっている輝きを大切にしながら、人や自然との触れ合いを通して自分の根っこをぐんぐんはっていけるような教育を続けてきました。

子どもに寄り添い気持ちを読み取り、温かい援助指導のできる教師が、じっくり意欲を育て創造力を育むよう環境を準備しています。

本園での家庭では味わえない様々な経験とその日々の積み重ねを大切にした保育は、よく観る、よく聴く、よく考える子どもを育てています。

霧ヶ丘幼稚園の教育目標

豊かな生活経験や遊びに幼児が主体的にかかわり、
未来に向かってたくましく生きる基盤を育てる。

めざす幼児像

① 自ら考え行動できる子ども(意欲・思考・自律・自立)
集中して遊ぶことや友だちと一緒にいろいろな発見をする中から『不思議だな』という気持ちが膨らみ、試したり工夫したりすることで、考える力が身に付いてきます。
② 豊かな感性が育ち、生き生きと表現する子ども(発想・工夫・自信)
自然や季節の変化を感じとったり、飼育活動や栽培活動を通して世話したりする中から豊かな感性がはぐくまれます。
③ 自己も他者も尊重して良い人間関係を築ける子ども(快活・協調・思いやり)
一人一人に心を通わせ、寄り添う保育者に見守られて、友だちと仲良く遊んだり、ケンカをしたりしながら人とのかかわりが深まり、人を思いやる気持ちや人間関係の力が育ちます。
一人一人の良い育ちは、お互いを認め合う温かいクラス集団を育てます。

その他概要

◆特別指導 (平成30年度)
年少児 絵画教室(月1回)2学期より
わらべうた教室(月2回)
年中児 体操教室(隔週)
絵画教室(月1回)
わらべうた教室(月2回)
年長児 わらべうた教室(月1回)
体操教室(週1回)

※それぞれの専門の講師、コーチから指導を受けます。

◆特別教室 (希望者)
コスモスポーツクラブ(月・金曜日)
さなだ美術教室(木曜日)
image
◆保育時間など
対象児 満3歳~就学前幼児
保育時間 9:00~11:30(午前中保育)
9:00~14:30
休園 土、日、祭日
長期のお休み 夏休み 冬休み 春休み
施設 全室冷暖房完備
満3才・3才・4才・5才児保育室
職員室・給食室・講堂
多目的ホール・ファミリークラス
◆職員構成
園長 1名
主任 1名
教職員 14名
保育補助 15名
事務職員 1名
バス運転手(添乗員) 3名(3名)
ファミリークラス職員 2名
給食スタッフ
(内3名栄養士)
8名
◆クラス編成
年長組 ・はな組・ほし組・つき組・ゆき組
年中組 ・さくら組・きく組・ゆり組・ふじ組
年少組 ・りす1組・りす2組・りす3組
満3歳児クラス ・ひよこ1組・ひよこ2組
image

おいしい給食

image image

入園当初は子どもたちに『苦手な物も食べてみよう』『残さず食べよう』というよりも『たくさん遊んでおなかがすいて食べると、おいしいね』『みんなで一緒に食べるとおいしいね』という気持ちを育てたいと思います。

豊かで恵まれた環境に育った現在の子どもたちは、いつでも好きな物が食べられる状況にあり、空腹感を経験しないため、食事に対して意欲がない子どもたちが増えているように思われます。

幼稚園では午前中に思い切り体を動かし(もちろん家庭にいる時と違って、間食もありません)空腹感を経験し、そこから食べる喜びを味わい、徐々に食べものを頂く事への感謝の気持ちを持てるようになります。

そして食事中のマナー、偏食の克服等、一人ひとりに合わせて身に付けていける様、指導しています。

◆霧ヶ丘幼稚園の手作り給食は・・・

8名のスタッフ(うち3名栄養士)が心を込めて作る自慢の給食で美味しく調理しているので、苦手な野菜などが少しずつ食べられるようになります。

心も体も温まり季節感も味わえます。年に1回給食試食会を実施して家族の方にも味わって頂きます。

預かり保育(延長保育)について

image

霧ヶ丘幼稚園では、預かり保育のことをファミリークラスと呼んでいます。

アットホームな雰囲気で、やさしいファミリークラスの先生と一緒に遊びながら迎えを待ちます。

年少、年中、年長と色々なクラスの友だちが参加するので、自分のクラスとは、違った異年齢での友達関係が広がります。

◆預かり保育概要
実施時間
<平日>
保育終了後より午後5時30分までです。
その後は延長保育としてお申込みのうえ、午後7時までお預かりできます。朝、通勤前は午前7時30分よりお預かりします。その場合は各自で送って登園して下さい。
<土曜日>
午前7時30分~午後5時30分まで。延長保育あります。(午後7時まで)
お迎え

各家庭でお迎えをお願い致します。
(園がお休みの日や土曜日は園まで送迎をお願い致します)

費用

翌月に参加回数分引き落とされます。

1回300円 (おやつ代、管理費等)
土曜日、代休日は、1回600円

  • 延長保育になると200円追加されます。
  • お仕事などの都合で毎日参加される場合は、月極ファミリーカードというものがあります。
    (250円×保育日数です。土曜日、代休日は含まれません)

※満3才児クラスは、延長保育の内容が多少異なります。詳しくはお問い合わせ下さい。

幼稚園が休みの時

土曜日、春休み、夏休み、冬休み、行事の代休日などは実施されます。

<時間>
午前7時30分~午後5時30分まで
延長保育午後7時まで
  • 送り迎えは各家庭でお願いします。
  • 盆休み、正月休み、年度末の休みが約一週間程あります。
  • 長期の休み、土曜日、行事の代休日は、すべて事前のお申込みになります。

長期休みの預かり保育においても給食を実施しています。(但し、土曜日、幼稚園半日保育の日は、お家からのお弁当日です。)

送迎(徒歩・バス)について

image

本園では、幼児期にできるだけ歩いたほうが良いという考えから、徒歩通園を原則にしてきました。

ただし、おうちが園より遠い方、またご事情がある方は、バスの送迎をしております。各送迎コースの集合場所より、並んで徒歩での、またはバスに乗っての登降園をします。

◆徒歩コース
赤地区 黄色地区 黄緑地区 ピンク地区
宮原ビル
グリーンハイツ前
オークランド霧ヶ丘
霧丘中学校前
高坊西公園
市営前
岸本住宅
松島ビル
藤井鮮魚店
コーポ角田
リバークロスY
足原公務員宿舎
島名第5コーポ
ランドマーク
プリンスマンション
ラディア霧ヶ丘
霧ヶ丘2丁目バス停
◆バスコース (バス停は毎年多少変更があります)
Aバス Bバス Cバス
吉田宅前
上葛原区民センター
梅田宅前
コインランドリー
かん養生クリニック
安部山公園駅
グランドパレス安部山公園
コーポラス
フレンズライク
湯川バス停
グリーンハイツ安部山公園
サンパーク安部山公園
ルボンディール・キティ
ホットモット
セブンイレブン
重住歯科
いちかわ製パン店
ヘアーメイクアイ
葛原3丁目(広場付近)
葛原4丁目北公園
上葛原バス停
島名ビル
グレートハウス晩餐館
住販ナワタ
カットハウスいとう
サンライフ重住
グランディール冨士見
Dバス Eバス Fバス
サンモリッツ 霧ケ丘
インテリアフルモリ
公務員入り口
公務員
アーティックス 重住
警察官舎
ボンジョーノ
サンパーク城野駅前
ガリバー
ザ・ハウス足立(エントランス前)
ベラフォレスタ足立
アクシス足立
エクセル足立
足立休憩所
サンライフ 足立公園
プレアール足立
リンナイ
喜久家
ファミリーマート冨野店
レイメイ藤井
足立クリニック
アーベインルネス足立
ソワベ
メゾン妙見
三輪宅前
アーベインルネス足立
サロンドアイコ
アンビエント
スカイホーム
サンパーク三萩野
ウイングス三萩野(ファミリーマート横)
クラブハウス 熊本
岩田宅前
シャトレ熊本
ぶどうバス めろんバス いちごバス
清寿園
蜷田若園3丁目
ルネス若園
蜷田ハイツ
蜷田若園3丁目
湯川新町3丁目
霧ヶ丘2丁目
湯川小前
湯川新町1丁目北公園
つりのポイント
クラウンハイム
広栄ケミカル
貴船神社
西水町
華の湯
三萩野女子高校
三郎丸1丁目
にこにこ整骨院

平成29年度 学校関係者評価報告書